体って野菜・くだものとの縁は、ここにも

姿勢やお肌の状態をイメージするために、野菜や果実に例えられることが多いですね。
例えば、「ピーマン」や「洋ゼロ」「リンゴ」という、腹部周囲を結わえるって・・・なるほどといった、納得できます。

もちろん、姿勢を称えるうたい文句ではありませんので、あてがある奴は、それらの姿勢から終了できるようにエライほうがいいかもしれませんね。

また、姿勢だけなら個人の人格として済まされますが、腹部まわりの脂肪が増えてくると、習慣疾病が有る可能性も高くなります。
そうなると、笑っている場合ではなくなりますから・・・

腹部に脂肪がついてくると、おへその周囲も膨らんできて、きちんと「梨」ものの感じになります。
そんなユニークな思いつきをするのは、私だけでしょうか・・・

因みに、「三段胃腸」は有名ですが、「二段胃腸」という呼び方も存在するのでびっくりしている。

また、肌荒れに関して、鼻にとれる発赤を「イチゴ」に置き換えるのは有名ですね。
こちらも、気になる奴は、充分スキンケアして改善したいものです。国家資格なのに意外と合格率が高い理学療法士。その合格率とは?

体って野菜・くだものとの縁は、ここにも